※アフェリエイト広告を利用しています

ボリビアってどんなところ?旅行初心者一人旅で体験したウユニ塩湖の国

ボリビア ラパス ウユニ塩湖 海外情報

カナダから北米南米縦断旅を始め13カ国目で【ボリビア】に行ってきました!

ペルーから出発して到着したボリビアでは 

首都【ラパス】ウユニ塩湖の街【ウユニ】を観光しながら巡りました。

ウユニの街について詳しく知りたい方は以下の記事もぜひお読みになってください!

この記事は

「ボリビアってどんな国?」

「治安は悪い?」

「旅行初心者でもウユニ塩湖に行ける?」

そんな疑問を持つ方に向けて

書いてます。

ひろうさ
ひろうさ

ウユニ塩湖の玄関口、ラパスからスタート!

ボリビアってどんな国?

ボリビアは南アメリカの真ん中あたりに位置する内陸にある国です。

中央にはアンデス山脈広がり、標高が高い国です。


地理と自然

ボリビアはさまざまな地形を持つ国で、アンデス山脈に加えてアマゾンもあります。

高い山やきれいな湖、ジャングルも広がってます。

有名な観光地はウユニ塩湖やマドレデ・ディオス川などがあります。

ひろうさ
ひろうさ

日本では見れない、壮大な景色たち!

ボリビアの人種と言語

ボリビアはいろんな人種がいます。

先住民族、ヨーロッパ系、アフリカ系、アジア系、などの人がくらしていて、さまざまな文化が根付いています。

さまざまな人種が生活していますが、使われている公用語はスペイン語です。

こんにちは
こんにちは

グラシアス!(ありがとう)

先住民族について

ボリビアは多くの先住民族が住んでいた国です。

現在でもいろんな伝統的な衣装や行事、食文化などがあります。

アイマラ族やクチャ族、クレオールなどが代表的な先住民族です。

ひろうさ
ひろうさ

民族衣装はみんなとってもおしゃれ!

ボリビアの盛んな経済

ボリビアは主に農業や鉱業が盛んです。

鉱産資源が主な輸出品です。

またウユニ塩湖もあるので観光業も成長しています。

ひろうさ
ひろうさ

街は栄えてるし、みんな幸せそう!

ボリビアの歴史

ボリビアはコロンブスの時代からスペインの植民地となり、独立を果たすまでの長い歴史がありました。

19世紀初頭にシモン・ボリバール率いる独立運動が成功し、ボリビアという国が誕生しました。

ひろうさ
ひろうさ

シモンボリバールはナポレオンに仕えたこともある人だよ!

首都、ラパスはどんなところ?

ラパスはボリビアの首都であり、アンデス山脈の中にあります。

独特な街の作りで、他の首都とは違う雰囲気を感じられます!

ラパスの街の環境

ラパスは標高3600メートルを超える場所にある街です。

世界で最も標高の高い首都といわれています。

坂が多く、天気も変わりやすいので体調に気を付けましょう。

ひろうさ
ひろうさ

高山病に注意!

ロープウェーが便利な交通手段

ラパスの街がすり鉢状になっているので徒歩や車は移動が大変です。

ロープウェーがはりめぐらされているので使いこなすと快適に移動できます。

ひろうさ
ひろうさ

ロープウェーからの景色は圧巻!

写真映えする建物や工芸品

ラパスはまだまだ先住民族の文化を感じることができます。

市内には歴史的な建造物や魔女市場などもあり先住民族の伝統的な工芸品などを見ることができます!

ひろうさ
ひろうさ

街を歩くと、そこら中がカラフルな世界!

ラパスの魔女市場

ラパスには多くの伝統的な市場があり、

地元の食材や手工芸品が販売されています。

とくに有名なのが魔女市場です。

様々な儀式用の道具が売られています。

ひろうさ
ひろうさ

リャマのミイラやビンテージ雑貨がいっぱい!

ラパスのグルメ

ラパスではアンデス地域の料理が楽しめます。

リュクマ(焼きトウモロコシのパン)やエンパナーダスがそこらじゅうで食べれます。

ひろうさ
ひろうさ

エンパナーダスは国や地域によって違うから要チェック!

ラパスの治安

ラパスの街は急な坂が多く建物も多いので不審者が隠れやすい地形です。

ですが、早朝や夜中でも何事もなく観光できました。

浮浪者もバスターミナルには多いですがそれ以外はあまり見ません。

基本的な注意は必要ですが、他の南米の国に比べてそこまで危険さはないのかな?と思いました。

ひろうさ
ひろうさ

他の国に比べてってところ重要!

ウユニ塩湖までの行き方

多くのバックパッカーが目指すウユニですが、ウユニ塩湖への玄関は基本的にラパスになります。

なのでこちらでラパスからウユニの街へ行く方法を紹介します!

おすすめアクセス方法

ウユニの街へのアクセス方法は飛行機やバスがあります。

なかでもバスは綺麗で価格もそこまで高くないので個人的にはバスがおすすめです。

ひろうさ
ひろうさ

バスは綺麗だけど窃盗が多いので注意!

バスの乗車場所

ラパスに到着したらローカルバスでバスターミナルに向かいます。

Terminal de Buses La Paz】 という場所がウユニに行けるバスターミナルです。

空港から『AeroPorto』と書かれたハイエースタイプのローカルバスで行けます。

料金は片道5ボリビアーノでした(2023年時点)

ひろうさ
ひろうさ

ローカルバスが最安!

ウユニまでのバス費用

バスの料金はバス会社、出発時間で変わります。

大体の相場は70ボリビアーノから120ボリビアーノまで幅がありました。

基本的に交渉するとずいぶん値段が変わります。

なのでいろんなチケットカウンターで聞いたあと、交渉してみましょう。

ひろうさ
ひろうさ

カウンターに値段が提示してあるところもあるよ!

ウユニまでの所要時間

かなり前後するようですが大体10時間ほどと思ってもらえれば大丈夫かと思います。

わりと現地の人がゆう到着時間より早めに到着することの方が多いようです。

出発時間は19時30分のバスと21時30分に出発のバスが多かったです。

ひろうさ
ひろうさ

ボリビアタイムだねえ

ウユニの治安

ラパスに比べ、どこまで行っても平らな土地が続きます。

見晴らしもいいので、危険なところは少なそうでした。

ただ、観光地なのでバスが、早朝到着つくことを知っている現地の人間は、それ目当てで客寄せや話しかけてくる不審者は多いです。

早朝にウロウロするのはあまりおすすめしません。

朝5時に到着してしまい、カフェを探すためにウロウロしましたが酔っ払いや不審者に絡まれてしまいました。

ひろうさ
ひろうさ

悪い人ではなさそうだったけども・・・

まとめ

ボリビアはどんな所なのか実際に体験したラパスやウユニの街について紹介しました。

ボリビアといえばウユニ塩湖ですが、よっぽどお金に余裕がある人以外はラパスにもちょっとは滞在することになると思います。

ラパスは南米感と市場で扱うアルパカのミイラなどの変わった楽しい物がたくさんありますのでぜひゆっくり滞在してみてください!

ひろうさ
ひろうさ

何度も行きたくなる国!


ちなみに・・・

あるところではウユニ塩湖がなくなるかも?

というニュースも出ているため

ウユニ塩湖がメインの方は早めに行った方がいいかもしれません

別記事に詳しく書いてますので、ぜひ参考にしてください。

Follow me!

コメント

PAGE TOP