※アフェリエイト広告を利用しています

アルゼンチン旅行インフレでブルーレートは大金持ちになれる?三大観光地を巡って解説

アルゼンチンブルーレート 海外情報

カナダから北米南米縦断旅を始め、9カ国目でアルゼンチンに行ってきました!

到着したアルゼンチンでは 大都市【ブエノスアイレス】最南端の街【ウシュアイア】

三大瀑布【プエルトイグアス】を観光しながら巡りました。

この記事ではアルゼンチンブルーレートとは?実際はどんな国か?を紹介します!


”イグアスの滝どっち側から見る?”の答えを解説した記事もありますので下記リンクの記事もお読みください!

世界三大瀑布イグアスの滝はアルゼンチン側がおすすめ?アルゼンチン側とブラジル側を観光して解説
世界三大瀑布であるイグアスの滝はアルゼンチン側がおすすめ?アルゼンチン側とブラジル側を観光した感想を紹介します。

「アルゼンチンってどんな国?」

「インフレで現地はどんな状況?」

「ブルーレートってなに?」

「旅行初心者、30代ひとりでも旅行できる?」

この記事はそんな疑問を持つ方に向けて書いてます…

ひろうさ
ひろうさ

南米で僕が一番好きな国!

アルゼンチンのブルーレートとは?

ブルーレートという言葉はアルゼンチンに興味を持たれた方は聞いたことがあるのではないでしょうか?

アルゼンチンで起きているインフレの影響で、外国人向けのレート【ブルーレート】というレートが存在します。

ひろうさ
ひろうさ

アルゼンチンの現地レートとは別のもの!

ブルーレートは違法なの?

ブルーレートは別の言い方で闇ルートといいますが、違法ではありません!

聞こえは悪いですが政府公認の観光客用の格安で買い物ができるレートです。

お店で表示されてる値段より安く、感覚的には半額以上で買い物や飲食ができる状態となってます。

ひろうさ
ひろうさ

お得感がすごい

ブルーレートが適用されるパターン

現地で色々支払ってみて、実際に安くなった支払い方法を以下にまとめました。

・VISAカードでレストラン支払い時

・VISAカードでスーパーで買い物時 

・VISAカードでATMキャッシング時

・マスターカード支払い時(利用方法による?)

上記のように、VISAではブルーレートだったんですが、他のブランドのカードは【ブルーレート】適用されなかったりするのでとにかくVISAカードを使用することをおすすめします。

(今後、変わっていく可能性はありますが)

ブルーレートでどれくらい安く買い物できる?

2023年時点ではお店の表示価格より、6割ぐらい安くなっている感覚です。

現地で買い物する時はこの値段の半額以上にはなるのかーと思いながら買い物できます。

ブルーレートに対する現地の人の感覚

ヒシヒシと現地の人が現地通貨”アルゼンチン・ペソ”を手放したいという想いをブエノスアイレスのアンティーク市場で感じました。

なぜかというと、現地では基本的にUSドルしか受け付けてくれません。

自分はあわゆくば、ブルーレートでアンティークを買い付けられる思い渡航しました。

しかし、実際は現地の人からすれば貴重なUSドルの稼ぎ場となっており相場が他国より高いぐらいで結構、がっかりしました・・・

アルゼンチンってどんな国?

アルゼンチンは壮大な自然があったり、ブエノスアイレスなどの都市部は大都会だったりする自然と都会を満喫できる国です。

最南端の街のウシュアイアなどの場所はパタゴニアがあり、ペンギンが住む島や感動的な風景が見れる雪山などがあります。

かと思えば、反対側の北部ではジャガーなどが住むジャングルなどが広がっていてさまざまな環境があります。

ひろうさ
ひろうさ

豪華な自然と出会える国

アルゼンチンの街はどんな街?

アルゼンチンはスペイン植民地時代の歴史が残るコロニアル様式の建物や歴史的な街が残されています。

タンゴダンスの発祥地でもあり、音楽もいろんな場所から聞こえてきます。

ひろうさ
ひろうさ

街を歩くと路上でタンゴが見れるよ

食文化

アルゼンチンは肉料理が豊富で、特にアサード(焼き肉)が有名です。

また、ワインも高品質なものが多く、美味しい物がたくさんあります。

ひろうさ
ひろうさ

しかも今はブルーレートで超お得に食べれる!

イグアスの滝

アルゼンチンとブラジルの国境に位置するイグアスの滝は、世界的に有名な観光スポットです。

広大な公園の中にジャングルと滝があり、1日あっても足りないぐらい楽しめます。

ひろうさ
ひろうさ

ワニや、動物もたくさんいるよ!

言語

公用語はスペイン語です。

観光客の多い場所では英語を使える人もいて、南米の中では英語が話せる人は多いです。

サッカー

サッカーなどが盛んで、アルゼンチン人はスポーツ観戦が好きな人が多いです!

ひろうさ
ひろうさ

バーやレストランでもTVでサッカーが流れてるよ!

現地通貨は?

アルゼンチンの通貨は ”アルゼンチンペソ”です

しかし、USドルも使えるお店は多くインフレのこともあるので現地民はUSドルの方が欲しい状況だと思います。

最南端の街?ウシュアイア

アルゼンチンにはもともと南アメリカ最南端とされていた”ウシュアイア”という街があります。

少し前に隣国チリの”村”が”街”にランクアップしたことで最南端ランキング2位に降格はしたものの、アクティビティやレストランなどの環境が整っており、観光にもおすすめです。

ウシュアイアはパタゴニアに囲まれていて大自然の中にはたくさんのペンギンやクジラなどの動物と出会えるツアーなもあります!

個人的にはガラパゴスの次に南米では動物との距離が近い街で、とても大好きな街の一つです。

ブエノスアイレスってどんな街?

アルゼンチンの首都”ブエノスアイレス”は大きなビルも建つ大都会です。

タンゴのダンスを見ながら観光したり、スペイン統治下の時代が生み出した歴史ある街と近代的なビルが並ぶ街が合わさっている街です。

アルゼンチン人の主食とも言われる牛のステーキが有名で、日本に比べると格安でいいお肉を堪能できます。

夜のアルゼンチンは都会の夜景も楽しめ、食事も美味しくバックパッカーにとっても安全で楽しい場所です。

三代瀑布の滝がある街プエルトイグアス

イグアスの滝という世界三代瀑布でもある巨大な滝とジャングルがある街です。

滝の近くに空港があり、滝メインな街の作りです。

ここからブラジル側のイグアスの滝”フォスドイグアス”パラグアイの街”シウダー・デル・エステ”にバスターミナルから簡単に行くことができるので、バックパッカーが多く滞在する街です。

アルゼンチンの治安は?

アルゼンチンは北から南へかなり広い面積を持っています。

生活や雰囲気もだいぶ変わるので、場所で治安が違います!

ウシュアイアの治安

ウシュアイア治安は驚くほど平和で街の規模も小さく観光客向けの街です。

街の作りも見晴らしがよく、悪いことはしにくそうな雰囲気でした。

プエルトイグアスの治安

イグアスの滝のある、プエルトイグアスの治安も悪くはないです!

しかし街の様子はバーなどがあり賑やかな通りや、暗がりが多かったです。

ローカルの人が少なくて観光客が多く、夜に出歩かない限りはそこまで危険な感じはなかったです。

ひろうさ
ひろうさ

酔っ払い観光客に絡まれることはありました。

観光した後のリアルな感想

実際に一人でローカルなアルゼンチンを観光してみて思ったことを紹介します。

ブルーレートやインフレの感覚を逆に悪用される

市場やアンティークを購入時や稀に買い物の際にアメリカドルで買い物ができるシーンがあります。

そうゆうときはレート関係なく売り手の言い値のUSドルでしか買い物できませんでした。

場所によって気温差がすごい

大体の人が国際線でブエノスアイレスに到着すると思います。

ブエノスアイレスでTシャツで大丈夫だとしても、同じ日にウシュアイアに行くとヒートテックなどの防寒具は必須な気温です。

反対に北側のプエルトイグアスはジャングルなのでtシャツでないと過ごしにくく、ムシムシして暑かったです。

ブエノスアイレスのホームレスは見た目が怖い

他の国でもホームレスに絡まれることはありますが南米の他の国とは違い、見た目の人種が変わります。

色白の上半身裸でタトゥーいっぱいスキンヘッド!のような人に絡まれることが多かったです。

しかも24時間営業のATMや銀行で住んでいる人が多くドアを開けたら急に対面みたいなこともよくありました。

まとめ

アルゼンチンはどんな国か?とインフレで発生しているブルーレートについて紹介しました。

パタゴニア、雪山の大自と動物たち・インフレショッピングやアンティークを楽しむ大都会・巨大なイグアスの滝とジャングルと動物とアルゼンチンはいろんな面で楽しめます!

南米をいろいろ巡りましたが、中でもかなり好きになった国です。

少し日本からは遠いですが、南米の中でも異色な”アルゼンチン旅行”おすすめします!

ひろうさ
ひろうさ

また行きたい国ナンバー1!

Follow me!

コメント

PAGE TOP