※アフェリエイト広告を利用しています

パラグアイはどんな国?イグアス居住区の行き方は?南米日本人村も解説

パラグアイ 日本人村 南米 海外情報

30代でカナダから北米南米縦断旅を始め、10カ国目でパラグアイに行ってきました。

到着したパラグアイでは 都会【シウダード・デル・エステ】日本人の村【イグアス居住区】を観光しながら巡りました。

この記事ではパラグアイが実際行ってみてどんな国だったか?を紹介します。

「パラグアイってどんな国?」

「日本人の村があるの?」

「旅行初心者、30代ひとりでも旅行できる?」

「日本人村イグアス居住区の行き方は?」

この記事はそんな疑問を持つ方に向けて書いてます…

ひろうさ
ひろうさ

南米旅疲れを癒す日本人村があるよ!

南米パラグアイに日本人の村?イグアス居住区とは?

パラグアイには日本人の居住区”イグアス居住区”があります。

シウダード・デル・エステ市からバスでアスンシオンの方角【41キロ地点】です。

この日本人村には学校や農協(スーパー)や鳥居のある広場もあります。

小さいですがしっかりとした村で、カエルが鳴く(変な鳴き声)田んぼもあり見た目は本当に日本の田舎のような光景が広がってます。

さらにこの村に入ると聞こえてくる言葉は日本語!

農協(スーパー)での買い物でも基本的に日本語で買い物ができました。

イグアス居住区の行き方は?

イグアス居住区への行き方はバスでの移動になります。

ちなみに基本的にパラグアイではバスやタクシーを使って移動するときにはバス停の名前で移動はできません。

【何キロ地点】という言い方をする必要があります。

イグアス居住区はシウダード・デル・エステからは41キロ地点です。

ひろうさ
ひろうさ

41キロメトロ ポルファボール!

シウダード・デル・エステ市からの行き方

一番簡単な国境と電気屋街の街シウダード・デル・エステ市からの行き方を解説します。

エステ市のバスターミナルから出発

ブラジルの国境から入国してシウダード・デル・エステに入りバスターミナルに向かいます。

ターミナル名はTerminal de Omnibus Ciudad del Esteです。

配車アプリを使えば日本円で数百円でバスターミナルまで行けます。

カウンターに行き、41キロ地点のイグアス居住区に行くバスのチケットを買いましょう。

日本人が買う定番の行き先なのでスタッフもすぐ理解して案内してくれます。

バス料金

何種類かあるようですが時間、料金など都合のいいものを選んでください。

・古いボロいバス 最終便15時まで

15000グアラニー

・綺麗な二階建てバス 最終便19時ごろまで

30000グアラニー

※お釣りをちゃんと返さないドライバーが多いようですのでできるだけちょうどの金額で渡せるようにしましょう。

ちなみに、ローカルなバスで行く行き方もありますが、ガソリンスタンド付近で待ってれば来るよと言われましたがバスは何時間経ってもきませんでした。

なので確実なバスターミナルからの行き方をおすすめします。

ひろうさ
ひろうさ

時間は貴重だから見極めも大事!

日本人村唯一の宿泊施設、ペンション園田の宿泊方法

よくあるアゴダやブッキングドッドコムでは予約できません。

園田さんのHPから予約するかHPに記載の問合わせから電話番号をワッツアップに登録して予約をとってください。

ペンソノ アクセス

※園田さんは商売気の強い人ではないので少し返事が遅い時がありますので余裕を持って連絡しといた方が確実です。

イグアス居住区の歴史

戦後、1959年に人口が多すぎた日本と人口が少なかったパラグアイの間で移住協定が結ばれました。

この後、30年間で85、000人以上の日本人移民がパラグアイに移住しました。

そして現在もバックパッカーがイグアス居住区で沼にハマり、移住する人が増えているそうです。

ひろうさ
ひろうさ

移住に必要なハードルは低いみたいだよ

イグアス居住区が完成するまで

村にある移民資料館を経営するソノダさんの話によると、イグアス居住区が完成する前は、ジャングルのような土地だったそうです。

しかし度重なる努力の結果、農業を中心にこのイグアス居住区を築いてきたそうです。

ペンション園田のソノダさん

移民資料館の館長であるソノダさんは”ペンション園田”という宿泊施設も経営されてます。

自分も滞在時、”ペンション園田”に宿泊させてもらってました。

滞在中にソノダさん夫婦に暖かくもてなしてもらいました。

移民資料館もソノダさんから『見に行きますか?』と誘ってもらいました。

案内や説明も当時を知る本人がしてくれてここでは話せないような当時の話も聞けて貴重な体験になりました。

ひろうさ
ひろうさ

当時を経験した人に直接話を聞けるのはとても貴重!

パラグアイってどんな国?

パラグアイは南アメリカのまんなかにある内陸国です。

アマゾンやジャングルがあるかと思えば、巨大な電気屋さんが集まる街があったりします。

特にエステ市はブラジル、アルゼンチンがすぐ近くにあるのでバックパッカーは合わせて観光しやすい位置にある国です。

ひろうさ
ひろうさ

南米にとって重要な国!

親しみやすい人

街ではアジア系を多く見ますし日本人に慣れている人が多いです。

パラグアイの人々は親しみやすく、困っている所を助けてくれたり旅行者にとても優しいです。

3カ国からアクセスしやすい

パラグアイの首都のアスンシオンからバスで南にまっすぐ行くとブラジルとアルゼンチンの国境沿いの

シウダード・デル・エステという街につきます。

パラグアイはまだマイナーな感じはありますが、通貨が変わるのでお買い得に買い物もできますし隣国から人気な国です。

ひろうさ
ひろうさ

隣国から買い物に気軽に来れる貴重な国

パラグアイの治安

パラグアイの治安ですが都会に行くとすごい人と密集した建物と屋台でごちゃごちゃしてます。

なのでスリやトラブルには気を付けた方がいいと思います。

物乞いや客寄せは多いので距離感は保って移動しましょう。

地元の人はアジア人を狙って絡んでくる

『チャイナ!』と言って絡んでくる人が多く、商売をする気なので悪意は基本的にないのですが舐められている感はあります。

近づかれてからの詐欺やスリには気をつけましょう。

ひろうさ
ひろうさ

体を触ってきたりする人には要注意!

パラグアイの通貨

パラグアイの現地通貨は「グアラニー (Guaraní)」です。

しかし、観光地や外国人が多い場所ではUSドル表記のお店も多くなります。

お金知識

大きな観光施設や一部の高級店では、クレジットカードの利用も可能ですが、小規模な店舗や地元の市場では現金が主流です。

結構な割合でお釣りを持っていないお店が多いです。

バスはもちろん、できるだけ細かいお金を準備して持ち歩くようにしましょう。

ちなみにブラジルから入国する場合は、イミグレの付近の両替屋さんのレートは良かったので寄ってみてください。

まとめ

南米の中ではマイナーなイメージのパラグアイを紹介しました。

隣国のブラジル、アルゼンチン、ボリビアと比べるとインパクトは少ないかもしれませんがここにしかないものは確かにあります。

特に日本人バックパッカーであれば南米の中でイグアス居住区(日本人村)があります。

貴重な歴史を学べ地球の反対側で当時、ジャングルを住める環境にした日本人が住む光景を見ると慌ただしくごちゃごちゃした現代の日本から観光に来ると人生観が変わります。

ぜひ、現代の日本に疲れてちょっと休憩したい方や南米旅行で変わった経験がしたい方にとてもおすすめの国です!

ひろうさ
ひろうさ

あの頃の日本がここにはある!

Follow me!

コメント

PAGE TOP