※アフェリエイト広告を利用しています

海外旅行でおすすめなものは?災害時などにも便利なドライバッグを紹介

おすすめ道具 生活

海外旅行では海やプール、湖に入る時は貴重品は高いお金を払ってどこかに預けなければなりません。

いちかばちか見えるところに置いてドキドキしながらアクティビティを体験するのも楽しくないです。

そんな時におススメなのが”ドライバッグ”です。

防水性があり携帯性もいいのですし、地震が多い昨今、緊急時にも防災にも使えますのでこちらで紹介します!

「旅行におすすめなアイテムを知りたい」

「防災に使えるバッグが知りたい」

「ドライバックについて知りたい」

この記事はそんな方に向けて書いてます…

ひろうさ
ひろうさ

一家に一個はあると便利!

ドライバッグとは

商品名のごとく、内部をドライに保て、携帯性、防水性があるバッグです。

完全防水なので逆に中に水を入れて貯めることもできます。

コンパクトな携帯性

空の時はバッグ自体をくるくると巻いて、コンパクトに収納できます。

バルブつきの物を選べば、空気を抜いて圧縮袋として使うこともでき、服なども一緒にコンパクトに持ち歩けます!

ひろうさ
ひろうさ

荷物は極力少ない方がいい!

防水性

なんと言っても、中も外も防水性が高いのです。

水泳時、荷物を濡らしたくない時はもちろん、海水浴などで使って濡れた水着などを入れて他の荷物を濡らしたくない時にも使えます。

ひろうさ
ひろうさ

アウトドアで活躍

ドライバッグの選び方

素材やサイズ、機能がメーカーによって違うので、自分が使うシーンをイメージして選びましょう。

自分の場合は主に一人旅用なので、5Lのものを購入しました!

以下は大体のサイズの使い勝手イメージです。

ひろうさ
ひろうさ

サイズ、素材が選べる!

10リットル以下

一番コンパクトに持ち運べるサイズ感です。

スマホや財布だけ、入ればいいかなぁという方にはおすすめです。

※2リットルなど選ぶと、思ったより小さく感じるかもしれないので注意。

20リットル以上30リットル未満

旅行先でTシャツと下着数枚選択したい方や、自転車やバイク通勤で使えます。

雨の日も安心な使い方ができて、このサイズは大きすぎず小さすぎず使いやすいサイズ感です、

このサイズから大体の商品にショルダーベルトが二本ついているので、リュックとして背負って使えます。

40リットル以上

これぐらいのサイズ感であれば、それなりに大型サイズです。

大きいキャンプ道具やアウトドア製品が入ります。

雨に濡れたテントやカッパ、釣り道具を入れて何泊かできるサイズになります。

ですが、耐久性がさらに必要になるので、製品選びは重要になります。

素材

主な素材は軽量で防水性がある、ポリエステルナイロンが使われています。

なかでもそこにPVCやTPUコーティングで強度や防水性を上げてあるものが多いです。

メーカーによってその内容が変わるので商品詳細や口コミをよく読みましょう。

ひろうさ
ひろうさ

商品の品質は大事!

PVCはどんな素材?

PVCはポリ塩化ビニールの略でプラスチック製品です。

柔軟性やある程度の耐久性があり、電気配線、衣料品、医療機器などいろんな場所で使われています。

ひろうさ
ひろうさ

スーパーのレジ袋の素材に使われるもので、

加工方法によって強度や透明性も変えられます

TPUはどんな素材?

TPUは、熱可塑性ポリウレタンという素材のことを言います。

ポリウレタンの一種で、弾力があり耐摩耗性、耐油性などさまざまないいところがあります。

靴のソールやスマホの保護ケース、自動車の部品などに使われています。

ひろうさ
ひろうさ

スマホケースなどの素材でもよく見られますよね

柔軟性と耐久性が売りの素材です!

ドライバッグの使い方

物によって性能は変わりますが、以下が基本的なおすすめの使用方法です!

被災時の洗濯機がわりに

容量の大きいものを選んでおけば水を溜めておける特性を使って洗濯もできます!

中に洗剤と水を入れてもみこんでいれば節水もできる洗濯が完了します。

海水浴などの水場で

一人旅では海などに泳ぎに行くと荷物を置いて離れた状態で泳がなければならないです。

なので貴重品は盗難や紛失の心配があります。

せっかくの旅行、心から楽しむためにもドライバッグの防水性を生かして海に持ち込んでしまいましょう!

枕としても使える

災害時や旅行先の空港泊の緊急時には中に衣類などを入れて枕としても使えます!

南米の空港などでの空港泊は冷たい床で寝なければいけないシーンが多く寝具は必要なとき、一つでも多いと助かります!

圧縮袋として

旅行先では気温変化や環境の変化があると衣類の収納場所に困ります。

でもドライバッグに入れて空気をぬけば、圧縮してコンパクトに持ち運ぶこともできます!

まとめ

海外旅行や災害時におすすめなドライバッグを紹介しました。

旅行用品を選ぶポイントはジャンルや設定された用途にしばられず物の本質で選ぶ

色々な使い方ができます。

本当に使える物や無駄な機能をなくし、パッキングする荷物のコンパクトさを上げることで、

旅行時や被災時の快適さが格段に上がります。

海外旅行に持って行くものに悩んでおられたらぜひドライバッグもお供にして快適な旅行を楽しんでください!

ひろうさ
ひろうさ

アイデアで可能性は広がる!

Follow me!

コメント

PAGE TOP