※アフェリエイト広告を利用しています

カナダバンクーバー語学留学はしんどい?30代でのデメリットとおすすめ観光地を紹介

バンクーバー 海外情報

7年勤めた会社を辞めて夢だった世界中のアンティーク探しの旅に出るため最初に向かったのはカナダの【バンクーバー】でした。

バンクーバーでは留学を経験してみたい気持ちと、今後の世界旅行のためにも英会話力の足しになればという気持ちで語学学校に入学しました。

結果、バンクーバーはとてもいい体験ができたので現地のリアルな情報をシェアしたいと思います。

「バンクーバーで留学をしてみたい」

「トロントとバンクーバーどう違う?」

「カナダに旅行してみたい」

「30代でも留学できる?」

この記事はそんな方に向けて書いてます…

ひろうさ
ひろうさ

よろしくお願いします!

30歳以上で語学留学はしんどい?

結論、30歳を過ぎていても留学はしんどくありません!

バンクーバーの語学留学オススメできます!

語学学校には40歳以上の方もおられ、30代の人も多くいました。

30代以上からの留学のメリット

30歳過ぎてからの留学にはメリットがあります。

基本的には以下のようなことがあります!

ホームステイで門限がゆるくなる

ホームステイ先にもよりますが、門限があるところが多いです。

30代以上ともなると門限の交渉もでき、そもそもその年齢だと自分で管理できるでしょ?と言われます。

アルコールが飲める場に行きやすい

バンクーバーの飲酒は19歳からですが、あきらかに若いと確認されたりクラスメートにも誘われにくくなりなります。

やはりお酒を飲む場はどんな人種でも交流しやすいので30代以上ともなれば行きやすいです。

30歳以上のグループがある

30代以上の人は学校などでグループができやすいです。

「周りが若くて不安・・・」とみんな同じ思いを抱えて通学している方が実際多く、グループを作っていたりするので実は20代より簡単に人脈が増やせます!

なんといっても30代以上は自由度は高く、経験豊富な人たちと馴染みやすいのはメリットだと思います。

30代での留学で苦労したこと

30代での留学には少ないですがデメリットもあります。

20代で行けば違うかったのかなと、思う点はいくつかありました。

クラスメートが若い

30代で留学して思ったのは、クラスの生徒が平均的に若いということです。

日本人留学生も20代が多いですが、特にメキシコなどの国の生徒は10代も多いです。

海外の10代のノリは衝撃的で、アジア人女性に対してはセクハラのような状態になっていました。

日本の社会経験がある人からすると、勉強をする雰囲気ではないと感じてしまいます。

ホストが年下の場合もある

ホームステイの場合、ステイ先のホストが年下に当たってしまう可能性があります。

実際に滞在した家のホストは赤ちゃんが生まれたての年下の若い夫婦でした。

ホストが年下のデメリット

ホストが年下でなにがデメリットかというと、”年上だしほっていても大丈夫だろう”と思われやすくなってしまいます。

さらにステイする側としても、若い夫婦の生活を邪魔するのは申し訳ないとなり、ホストファミリーと交流がしにくくなってしまいました。

30代以上でのデメリットの対策

30代以上での留学に対してのデメリットは対策ができます!

基本的に自分次第、運次第ではありますのでできることは頑張って対策しましょう!

語学学校での対策

語学学校での対策はデメリットをメリットに変えましょう!

実際、語学学校の年齢層は低いですが、30代以上の人は探せばいます!

先に仲良くなって、コミュニティに参加しておくと真面目に勉強もでき、いい留学ライフが過ごせます。

クラスメートのノリについていけない時の対策

海外の人の悪ノリは学校でされるとかなり面倒です。

しかし一度うやむやにリアクションしてしまうと後に影響します。

なので、ハッキリ言いたいことを言うか、先生に相談して行動に移すことが大事です!

留学生活ではアピールすることが今後の質を変えていきます。

ホームステイ先で交流できないときの対策

ホームステイで語学交流をしたいとなるとその家庭が助かるようなことや興味を持たれる事が交流のスタートラインになり、自分からアピールすることが大事になります。

しかし現代のカナダでは便利な情報や物が増えたため必要なことや会話はwhatsupなどのアプリで済み、イメージする昔のホームステイより直接交流する機会が少なくなっているのも事実です。

そこで逆に普段ホストと使っているアプリをうまく利用することで交流のスタートに役立てましょう!

バンクーバーどんな場所?

バンクーバーはカナダのブリティッシュコロンビア州にあります。

自然が多く、ゆったり過ごしやすい場所です。

バンクーバーの環境

バンクーバーは太平洋やロッキー山脈などの自然が多い環境です。

ダウンタウンからすぐにビーチに行けたり、少し車を使うと壮大な山にも行けます!

普段の生活環境に自然が近いので、日本では味わえない生活を送れます。

ひろうさ
ひろうさ

シャチやクジラにも会えるよ!

人種がとにかく多い!

バンクーバーはたくさんの人種が暮らしています!

アジア人も多いですが、他の国に比べ差別などもほぼなく日本人でも過ごしやすい環境です。

カナダ自体が移民を受け入れる政策の国なのもありますが、住んでいる人も受け入れて生活しています。

ダウンタウンでは様々な国の料理を食べれますし、イベントもたくさんで飽きないです。

ひろうさ
ひろうさ

無料で参加できるイベント多数!

バンクーバーの観光地

バンクーバーには観光名所が多くあります。

ダウンタウン付近では買い物やグルメが楽しめますし、少し遠出をするとバンクーバーでしか体験できない自然もあります。

有名映画のロケ地がいっぱい!

バンクーバーは撮影がとてもしやすい場所としても有名です。

バンクーバー側としても撮影会社への補助や待遇を良くしているそうです。

なのでハリウッド映画やドラマなどのロケ地が多く、気軽に聖地巡りもできますよ!

ダウンタウン付近の観光名所

スタンレーパーク(Stanley Park)グランビルアイランド(Granville Island)などはダウンタウンからバスや電車ですぐ行ける観光地です。

学校帰りなどにもふらっと行ける贅沢な暇つぶしができます。

スタンレーパーク

海に浮かんでいるようなダウンタウンからすぐの広大な公園です。

グランビルアイランド

ダウンタウン近くの港にあり、市場やレストランで地元の海産物が食べられます。

天気のいい日には綺麗な夕日と夜景のスポットです。

バンクーバーの山が堪能できる場所

ウィスラーやビクトリアなど、バスで少し行くと自然がいっぱいの山もあります。

ウィスラー

とくにウィンタースポーツが楽しめる場所として有名です。

スキーやスノボー以外にも様々なスポーツが楽しめます。

ビクトリア

ダウンタウンから海を渡ればすぐに着く島です。

シャチなどの生息域が近くにあるので夏場はホエールツアーなどに行くことができます!

ひろうさ
ひろうさ

四季それぞれにあった素敵な観光地がたくさん!

バンクーバーの有名なスポーツ

バンクーバーはウィンタースポーツやアイスホッケーなどが有名です。

国技でもあるアイスホッケーは一度はバンクーバーで見ておきたい一つです。

ひろうさ
ひろうさ

チャンスがあればぜひ見たい!

バンクーバーは雨が多い?

レインクーバーと言われるほど雨が多いです!

そしてその後は極寒の冬が続きます。

夏は短く、すぐ終わりますが快適でイベントも多いのでぜひ体感してほしいです!

ひろうさ
ひろうさ

貴重な夏のバンクーバーは最高です。

東の都市【トロント】とどっちがお勧め?

カナダ留学で【トロント】と【バンクーバー】で悩む方は多いですよね!

結局、トロントにも行き、現地を両方体感することができました。

結果的に自分にはバンクーバーでよかったなと思いましたのでその理由を紹介します。

トロントはバンクーバーと何が違う?

バンクーバーとの違いは根本的に街の作りが違います。

トロントはカナダのニューヨークと言われます。

高い建物が密集して並んでいるので、バンクーバーと比べて影が多く暗い街の印象を受けました。

また、離れたところにナイアガラの滝がありますがバンクーバーのようにすぐ近くに自然を感じる場所ではありません。

建物のデザインもマンハッタンにありそうなものが多く、自然の多い”バンクーバー”都会の”トロント”という印象でした。

トロントのいいところは?

トロントのいいところは都会なのでブランド店やお店が多く交通網もしっかりあり、移動や観光はしやすいです。

そしてナイアガラの滝に日帰りで行けるのも貴重ですし、便利さや都会のオシャレさはトロントの方があります。

バンクーバー留学1ヶ月あたりの最低費用

留学基本費用はコース内容やステイ先の内容にもよりますが最低でも”60万円以上”は用意しておいた方がいいです。

内容はざっくりと以下の感じです。

・ホームステイ費用含む学校に払う費用 最低でも30万円〜

・日本からバンクーバーまでのフライト往復費用 安くて20万円〜

・現地での生活費 10万円(ホームステイに飯代含む場合)

フライト代と生活費は運と切り詰め方で下げれるかもしれませんがこの費用ラインがギリギリかなと思います。

出費することが考えられるタイミング

滞在中に出費するタイミングを事前に把握しておきましょう!

把握していれば、スケジュールやお金管理に役立ちます。

ひろうさ
ひろうさ

お金のことばっかり考えるのも良くないけどね

学校開催のアクティビティ

たまーに参加費無料のものもありますが、基本有料です。

割安ではありますが、結構な出費になります。

通信費

現地でスマホが使えないと地獄です!

無料WIFIが使えるところも下記の場所はあります。

ティムホートンや有名チェーン系のファストフード店

電車内

学校

ですがそもそもネットがないと繋ぎ方も場所もわからないと思うので必須だと思います。

友達との食事会、遊び

せっかく学校で友達ができても、放課後遊びに行けないとそれ以上仲良くなるのは難しいかも?

なので、英会話力アップや人脈を広げるためにもできるだけ参加しておきたいところです。

お土産などの買い物

バンクーバーまで来て何も買わず手ぶらで帰えるのはもったいないです!

バンクーバー限定のブランド物グッズやメープルシロップなどの食べ物は買って帰りましょう。

カナダに持って行った方がいいもの

カナダに持って行った方がいい物は

季節にもよりますが最低限のオススメな物を紹介します。

季節に合わせたユニクロ製品

とくにウルトラライトダウンは冷房のきつい場所もあるのでいつでも使えます。

コンパクトにもち運べるのでオススメです。

※エアリズムなどの製品はカナダの強い乾燥機でダメージを負ってしまうことがあるようですので洗濯には注意。


使い慣れたモバイルバッテリー

バンクーバーではティムホートンやスタバなどで充電できるところはあります。

しかし、混雑していたりするといざとゆうとき使えないことが多いです。

なので持ち歩きに負担にならないサイズのものを持っておきましょう。

予備のスマホ

予備のスマホは絶対に必要です!

クラスに一人はスマホをなくしている人がいました。

ほかにも壊したり、盗難されたりするリスクもあります。

海外でスマホを失うと大変ですし、現地での入手は高価です。

そんなにかさばらないので過去に使っていたようなスマホ一台持っていくことをお勧めします。

日本の食べ物

現地では”コンビニ屋”という有名な日本人向けのスーパーもあります。

ここでは大体の日本食が手に入りますが値段が倍以上するのでどうしても食べたくなるものは持って行ったほうがいいと思います。

おすすめはカレールー粉末だしで、様々なものを日本の味にできるので少しでもあると心が満たされます・・・

まとめ

カナダのバンクーバーで30代でする語学留学のデメリットとトロントとの違いやおすすめ観光地を紹介しました。

バンクーバーに留学する前からネットなどで聞いていた情報と現地にいって見て感じたものは結構違いました。

留学中大事なことは、外国と言えど人と人のコミュニケーションなので、思いやりと自己主張ができれば留学は成功します。

全ては自分次第です、楽しい留学生活を送ってください!

ひろうさ
ひろうさ

貴重な体験にチャレンジ!

Follow me!

コメント

PAGE TOP